渡航して海外でも検査を

卵子提供に必要な検査を受けられる海外の医療機関を探そう

卵子提供を受けるには、海外の最先端の不妊治療を扱っている医療機関に投稿をする必要があります。また、卵子提供の際には身体に大きな負担が掛かることがあるため、血液をはじめ全身の健康状態の検査を受けることが大切です。卵子提供の実績がある海外の病院の中には、日本人の夫婦の受け入れを積極的に行っているところもあるため、各病院のサポートの内容をよく確認することがおすすめです。また、卵子提供の検査の費用はすべて自己負担となるため、渡航後の出費について早めに調べておくことが大事です。なお、卵子提供に関する費用をできる限り少なくしたい場合には、国内で卵子提供の仲介を行っているエージェントに相談をしてみると良いでしょう。

医療機関ごとの卵子提供を受けられる条件を確認しよう

卵子提供を受けられる条件は医療機関の設備や医師の技量などによって大きく異なるため、渡航前に現地の病院やクリニックに問い合わせをして、最新の条件を確認することが重要です。特に、遺伝子などの専門的な検査を希望する場合には、高額な費用が必要になるだけでなく、検査が出るまでに長い期間が掛かることがあるため、早期に準備を始めることがポイントです。卵子提供の前の検査の種類については、海外の病院のホームページなどに掲載されていることもあり、余裕を持って各病院の事情を比較してみましょう。その他、医療機関によっては卵子提供の希望者を対象に、渡航前にインターネットを使って婦人科や産婦人科の医師による診察をしているところもあります。