高齢出産も十分可能に

高齢になるほど出産が難しくなる原因

年齢が上がるにつれて妊娠が困難になる理由の一つが、卵子の老化です。卵巣機能は、35歳頃から徐々に衰え始めていきます。最初はとても緩やかな老化ですが、40代に入ると卵子の数が一気に減るだけでなく、卵子自体の質も大幅に下がり妊娠しにくい状態となってしまいます。生活習慣の改善などにより、卵子の老化を緩やかにすることは可能ですが、一度老化してしまった卵子を若々しい状態に戻すことはできません。そのため、高齢になればなるほど、妊娠や出産が難しい状態となります。そんな状態から、妊娠を目指す方法のひとつが、若くて健康な卵子の提供を受ける卵子提供プログラムです。卵子自体が若々しいものであれば、母体の年齢に関わらず妊娠や出産を目指すことができます。

45歳以降の妊娠や出産も

卵子提供のメリットは、超高齢出産といわれる45歳以上の女性でも妊娠できる可能性があることです。45歳を超えると、不妊治療を行っても妊娠できない確率が高まっていきます。そんな超高齢出産と呼ばれる年齢や閉経間際の人でも、卵子提供という方法を選択すれば妊娠を目指すことができます。高齢出産といわれる年齢の人の中には、もう子供を産むことはできないのではないかと諦めてしまっている人もいるでしょう。しかし、子どもを産みたいという気持ちを持っているのであれば、諦めることなく卵子提供という方法も候補に入れておくことがおすすめです。もう出産には間に合わないのではないかと思う年齢に達していても、卵子提供という方法を選択すれば子供を持てる可能性が生まれます。